おススメの衣替え術(クローゼットのPDCA)

村橋りえ

東京品川区在住の整理収納アドバイザー
GLAN 暮らしと職場の整理収納の村橋りえです。

タイトルに入っているPDCAとは、
ざっくりいうと「継続的な改善活動」のこと。
Plan,Do,Check,Actionの頭文字をとっています。

衣替えではPDCAのC(=行動の評価)
ができます。
自分の買い物を振り返って
買い物上手さんになりましょう。

1.新しい服を買うために減らす


まずは、サイズアウトした子ども服や
充分着た服、着ても気分があがらない
私の服を手放します。
①メルカリ用
②おさがり用
③無印のリサイクルに持っていく用
④古着リサイクル
に分けて、毎日通る廊下に一時置きしました。

今回は売れるモノが少なかったのですが
メルカリ販売金額 ≒ クリーニング代に

2.クローゼット全体をお掃除

半年ぶりに収納ケースを全部出して
お掃除しました。
あ~、スッキリ!
夫からも褒められていい気分です。

まとめ

誰にとっても面倒な衣替えですが
①新しい服を買うきっかけを作る
②クローゼットをお掃除して超スッキリする
ことができます。
早めに手放せば「売れる」ことも。

衣替えの度に
「これは衝動買いだったな~」
「思ってたより似合わなかった~」
と、反省します。
でも「失敗は成功のもと」ですからね。

なかなかお洋服が手放せない方は
お気軽にご相談ください。
メルカリで300点以上販売した経験を
余すところなくお伝えします。
只今初回コンサルティングを
キャンペーン価格にてご提供しています。

この記事を書いた人

村橋りえ

GLAN代表

片づけを通じた職場環境改善の専門家。
1995年津田塾大学卒業後、ヤマト運輸㈱入社。23年間の在籍中には総務・人事を中心とした管理業務やオフィスの5S(美化活動)を担当。2018年同社を退社。2019年起業し、整理収納サービスの提供を開始。記憶に残り次の行動につながるワーク主体のセミナーが好評。
長崎県島原市出身、一児の母。

ブログ一覧へ戻る