GLAN流 メルカリ活用術

村橋りえ

東京品川区在住の整理収納アドバイザー
GLAN(グラン)暮らしと職場の整理収納の村橋りえです。

お客様からご質問の多い「メルカリ」について
300点以上を販売した私なりの活用術をお伝えします。
(どうやって始めるか、売れない時はどうするか
売れたらどうするかなどのハウツーは
グーグル先生にお聞きくださいませ(笑))

メルカリを使う目的について

私の活用目的は
「モノを手放すこと」

そして、メルカリで手放す面倒を実感することで
「手放すまでのプロセスを考えて買い物をすること」

きちんと考えて購入しても、使いにくければ
早めにメルカリで販売して
「買い物の失敗をきちんと認め、次回に活かすこと」

衣替えの記事でも紹介しましたが
お買い物のPDCA(継続的な改善活動)
のために、私にとってメルカリは
とっても便利なツールなのです。

ですので、
①こまめに出品
②売りたい価格よりも「売れる価格」で販売
③1カ月間で売れないものは、削除して廃棄
④家族のモノを販売するときには、売価をきちんと伝える
ようにしています。

我が家のメルカリボックス

夫の仕事部屋のソファー前に置いている「ローテーブル」
実は、メルカリボックスとして、活用しています。
 

幅95㎝×奥行25㎝×高さ35㎝のボックス
(もともとは、お洗濯用のハンガーを収納していました。)

今出品しているものと、シーズンが来るまで
出品を待つもの(今なら冬物)
梱包資材(宅急便コンパクトボックスやガムテープなど)
を収納しています。
売れたら、ここの場所だけで発送準備ができます。

これからメルカリを使いたい!という方へ

出品→コメントのやり取り→梱包→発送→評価
と、宅配買取などに比べて手順が多いのがフリマアプリです。
だから、比較的高い価格で販売できるとされています。

ですが、この様々な手間で「興味はあったけど、
やっぱりメルカリを使うのはやめます」
というお客様がとても多いのも事実です。

しかしその「手間」をキッカケに、
買い過ぎてしまうなどの「買い物のクセ」を
振り返ることもできるので
一度使ってみることをお勧めします。

メルカリはじめの一歩が踏み出せない方
お気軽にご相談ください。
300点以上販売した経験を
余すところなくお伝えします。
只今初回コンサルティングを
キャンペーン価格にてご提供しています。

この記事を書いた人

村橋りえ

GLAN代表

72年生まれ 長崎県島原市出身。ライター・コラムニストである夫と2014年生れの男の子と品川区の60㎡のマンション住まい。1995年ヤマト運輸㈱入社。2018年、夫の育児ウツがキッカケで同社を退社。在籍中に担当したオフィスの5S(美化活動)では、書類整理だけではなく、ペーパレス会議推進や、打ち合わせスペース増設など「働きやすい環境づくり」に貢献。その経験を活かし2019年整理収納アドバイザーとして活動開始。働く女性のご家庭を中心に整理収納サービスを提供し、延べ90件以上のお宅に関わる。
メルカリ販売は300点を超える。

ブログ一覧へ戻る