意外と難しいゴミ箱の選び方

村橋りえ

東京品川区在住の整理収納アドバイザー
GLAN(グラン)暮らしと職場の整理収納 村橋りえです。

モノは人が家の中に持ってきて(=買う)、
そして家の外へ出す(=捨てる)のも
買い物とゴミ捨てとどっちが好きと聞かれると
大抵「買い物!」と答えますよね。

だから、意識しなければモノは自然と増えるんです。

すっきり暮らすためには、買う習慣も見直す必要がありますが、
「捨てる」ことにも興味を持ちましょう!

ということで、今日は我が家のゴミ箱のお話です。

冷蔵庫と食器棚の間に3段のダストボックスを置いています。
DOTTUSというイタリア製のもの。
3畳ほどの広くない我が家のキッチンに
幅34㎝×奥行25㎝×高さ136㎝という
絶妙な大きさです!
しかもスチール製で、お掃除が楽チン。

お客様のお宅のゴミ箱は本当に様々ですが
引き出してから蓋を開けないと捨てられない、
捨てるまでに2アクションが必要なタイプが
意外と多いです。
そして、それが面倒でゴミ箱が
あまり活用されていなかったり。。。

そう、選ぶポイントは

  1. 気分があがる見た目
  2. 捨てるときのアクション数が少ない
  3. お掃除がしやすい
  4. 置きたいところに置けるサイズ
  5. 容量が十分(特に一軒家の場合)
  6. 分別ができる

たかがゴミ箱、されどゴミ箱。
こんなに選ぶポイントがあるんです。

さあ、ボーナスシーズン。
ゴミ箱を見直してみるのもいいですよ。
良いゴミ箱があると、今よりも少しだけ
「捨てる」が好きになりますよ。

只今初回コンサルティングキャンペーン中です。
「いつかは片づけよう」と思っている方
今ですよ!

この記事を書いた人

村橋りえ

GLAN代表

72年生まれ 長崎県島原市出身。ライター・コラムニストである夫と2014年生れの男の子と品川区の60㎡のマンション住まい。1995年ヤマト運輸㈱入社。2018年、夫の育児ウツがキッカケで同社を退社。在籍中に担当したオフィスの5S(美化活動)では、書類整理だけではなく、ペーパレス会議推進や、打ち合わせスペース増設など「働きやすい環境づくり」に貢献。その経験を活かし2019年整理収納アドバイザーとして活動開始。働く女性のご家庭を中心に整理収納サービスを提供し、延べ90件以上のお宅に関わる。
メルカリ販売は300点を超える。

ブログ一覧へ戻る