【取材記事】モノを手放せば前に進める。

村橋りえ

東京品川区在住の整理収納アドバイザー
GLAN(グラン)暮らしと職場の整理収納 の村橋りえです。

会社の取組みについてお話しすることは
会社員時代に何度かありましたが、
今回初めて「自分自身の事」を
ランドリーボックスさんに取材いただきました。

話の中心は「手放すこと」。
2004年に結婚したこと、2006年に管理職になったこと。
それまで「自分が頑張れ」ば何とかできていたのが、
「自分が頑張るだけではダメ」なことだらけになりました。

頑張っても子どもはできないし、
頑張っても部下は付いてこない。。。

そこで手放したのは必要のないプライドだったのかもしれません。

っていうことを、丁寧に文章にしていただきました。
取材記事はこちらです。

 

そして、お片づけの現場ではお客様に対して
「ムリに捨てなくても大丈夫ですよ~」と
お伝えしています。

ある意味手放し慣れている私でも
「毎回 罪悪感を感じる」行為なのですから。

それでも手放すのは、必ず前に進めるからだと
取材を受けて改めて思いました。

 

いつかは片づけたい!と思っている方。
お片づけのプロに直接方法を聞いてみませんか?
只今初回コンサルティングキャンペーン中です。
お気軽にお問合せ下さい

この記事を書いた人

村橋りえ

GLAN代表

片づけを通じた職場環境改善の専門家。
1995年津田塾大学卒業後、ヤマト運輸㈱入社。23年間の在籍中には総務・人事を中心とした管理業務やオフィスの5S(美化活動)を担当。2018年同社を退社。2019年起業し、整理収納サービスの提供を開始。記憶に残り次の行動につながるワーク主体のセミナーが好評。
長崎県島原市出身、一児の母。