パワーポイント資料(20分)の作り方と整理収納

村橋りえ

東京品川区在住の整理収納アドバイザー
GLAN(グラン)暮らしと職場の整理収納の村橋りえです。

パワポで説明するようになって15年。
今月20日の起業スクール説明会で卒業生として
お話しした時も、パワポ資料を作りましたので
20分話すためのパワポ資料の作り方をご紹介します。

 

  1. スライド枚数を見積もる
  2. ネタだし
  3. 1スライド1テーマで落とし込み
  4. スライドの順番を決める
  5. 話の練習をして、20分に収めるように微調整

1.スライド枚数を見積もる

会社員時代はせっかちなおじさま達にお話しすることが多く
1枚1分でしたが(笑)
独立してからは、1枚1分半で計算しています。
今回は、20分÷1分30秒=約14枚ですね。

2.ネタだし

お題(今回は起業スクールを卒業した体験談)を
全部書き出します。

【ネタの見つけ方】

  • 過去こっそり続けていた起業のためのブログ
  • 起業ノート
    を見返す

【ネタのメモリ方】

  • 移動中iPhoneにメモる
  • A5のメモ用紙に書く(iPhoneのメモもこれに落とし込む)

14枚以上になるまで、こうやってネタ出しを続けます。

3.1スライド1テーマで落とし込む 4.スライド順を決める

手書きのメモを、パワポに落とし込みます。
GLANのテーマカラー(水色とグレー)で
スライドマスターを作っています。←ここ時短ポイント

スライド順は、A5のメモを使って
ぶつぶつ喋りながら
流れを確認しながら決めます。
喋りにくいところは、流れが悪いところ。
そして、流れにどうしても乗らないスライドは
削除していきます。

5.話の練習をして20分に収める

どんなに見やすいスライドを作っても
スムーズに話せなければ、聞き手に内容は
伝わってきませんよね~。

私は話し言葉でシナリオを作り、
iPhoneに録音して時間内か確認。
移動中に録音を繰り返し聞きます。

パワポ資料の作り方って整理収納作業と似ている

1~5の作業って、普段お客様のお宅で行っている
整理収納作業と本当に似ています。

全部出す➡ 話のネタ出し
わける ➡ 話の流れを確認してスライド順決め
しまう ➡ 時間内に話せるように収める

そして話す内容は、聞いた方々が活用していきます。
そうなんです、自分のモノの片づけではなく
家族や同僚など第三者の片づけと同じ。
自分が使いやすいだけではダメで
聞いた人が使えるかどうかがポイント。

見た目がきれいなだけでは、使えない「収納」ですし
使えない「資料」になってしまいます。。。

20分間お話を聞いてくださった方からの
感想はまだいただいていませんが
少しでもお役に立てることが伝えられていたらいいな~。

只今初回コンサルティングキャンペーン中です。
お気軽にお問合せ下さい

この記事を書いた人

村橋りえ

GLAN代表

72年生まれ 長崎県島原市出身。ライター・コラムニストである夫と2014年生れの男の子と品川区の60㎡のマンション住まい。1995年ヤマト運輸㈱入社。2018年、夫の育児ウツがキッカケで同社を退社。在籍中に担当したオフィスの5S(美化活動)では、書類整理だけではなく、ペーパレス会議推進や、打ち合わせスペース増設など「働きやすい環境づくり」に貢献。その経験を活かし2019年整理収納アドバイザーとして活動開始。働く女性のご家庭を中心に整理収納サービスを提供し、延べ90件以上のお宅に関わる。
メルカリ販売は300点を超える。

ブログ一覧へ戻る